簡単!前下がりボブの朝セット

髪のセット方法は、髪型や生活スタイルによって人それぞれだと思いますが、ここではボブスタイルを簡単にセットする方法をご紹介します。
私はここ数年ずっと、前下がりボブのスタイルをキープしています。理由は、髪の量が多く、しかも広がりやすいのが悩みだから。そして、この髪型にしたときに美容師さんにアドバイスされたことを結構しっかり守ってます。
まず、私の場合、髪を洗うのは朝。そして、マイクロファイバーのタオルで押さえて髪の水分をなるべくとります。わしわしと髪を擦るような拭き方は禁物。なるべく傷めないようにして素早く水分を取ります。そして、ドライヤーで軽く乾かします。この時注意したいのが、ドライヤーを下から煽るように当てないこと。頭の上、できれば後頭部あたりからドライヤーを当てます。髪のキューティクルを逆なでして傷つけないためです。
そして、生乾き状態になったら、一旦ドライヤーを止めます。そこで使うのが、洗い流さないトリートメント。
私はかなり乾燥しやすい髪質なので、洗い流さないトリートメントを、ヘアクリームがわりにたっぷり付けるんです。惜しみなくたっぷり使えるよう、お値ごろな「エルセーヴ」を使っています。
そして、ドライヤーを再開。もちろん、後頭部の上から下へ風を当てます。結構腕が疲れますが、軽いドライヤーを使って、右手、左手と持ち替えて、上から下へのルールを守っています。
最後に、ドライヤーの風を冷風に切り替えて髪全体の熱を抑えます。
こうしてブローすれば、ボブスタイルは完成したも同然。後は、少しだけワックスを毛先に付ければ終わりです。私はベタつくのが嫌いなので、「ナカノ スタイリングワックス」のライトを使用しています。

このように、簡単なボブのスタイリングを覚えてからは、他のやり方はやみつきになりません。ただ、一度、友人の結婚式に出席する際、いつもとは違うセットをしてみようと思い、失敗したことがありました。
ヘアーアイロンで、くるくる巻いて華やかにしようと思ったのです。いつものようにトリートメントで潤いを与えた後、アイロンのコテで髪を挟み、巻いていきました。細かく束に分けて、ピンで押さえながら何度も繰り返します。そして、左右きっちり巻き終えてみると……。そこには、アニーがいました。
髪の量が多いのに、こまめにくるくる巻いたせいで、まるで、ミュージカル「アニー」の子役がつけるウィッグのような、もっこもこの頭になっていたのです。しかし、時間がなくてそのまま式に出席。案の定、アニー? と友人に呼ばれました……。
それ以来、人前に出るような時でも、髪を巻くことは封印し、少し編み込みをする程度の控えめアレンジにしています。

私にとって、髪のセットで重要なのは、やっぱりボリュームを抑えつつ、まとまりのある仕上がりにすること。普段も、人前に出る場でも、基本はナチュラルに、自分らしいスタイルを楽しみたいなと思っています。