簡単!前下がりボブの朝セット

髪のセット方法は、髪型や生活スタイルによって人それぞれだと思いますが、ここではボブスタイルを簡単にセットする方法をご紹介します。
私はここ数年ずっと、前下がりボブのスタイルをキープしています。理由は、髪の量が多く、しかも広がりやすいのが悩みだから。そして、この髪型にしたときに美容師さんにアドバイスされたことを結構しっかり守ってます。
まず、私の場合、髪を洗うのは朝。そして、マイクロファイバーのタオルで押さえて髪の水分をなるべくとります。わしわしと髪を擦るような拭き方は禁物。なるべく傷めないようにして素早く水分を取ります。そして、ドライヤーで軽く乾かします。この時注意したいのが、ドライヤーを下から煽るように当てないこと。頭の上、できれば後頭部あたりからドライヤーを当てます。髪のキューティクルを逆なでして傷つけないためです。
そして、生乾き状態になったら、一旦ドライヤーを止めます。そこで使うのが、洗い流さないトリートメント。
私はかなり乾燥しやすい髪質なので、洗い流さないトリートメントを、ヘアクリームがわりにたっぷり付けるんです。惜しみなくたっぷり使えるよう、お値ごろな「エルセーヴ」を使っています。
そして、ドライヤーを再開。もちろん、後頭部の上から下へ風を当てます。結構腕が疲れますが、軽いドライヤーを使って、右手、左手と持ち替えて、上から下へのルールを守っています。
最後に、ドライヤーの風を冷風に切り替えて髪全体の熱を抑えます。
こうしてブローすれば、ボブスタイルは完成したも同然。後は、少しだけワックスを毛先に付ければ終わりです。私はベタつくのが嫌いなので、「ナカノ スタイリングワックス」のライトを使用しています。

このように、簡単なボブのスタイリングを覚えてからは、他のやり方はやみつきになりません。ただ、一度、友人の結婚式に出席する際、いつもとは違うセットをしてみようと思い、失敗したことがありました。
ヘアーアイロンで、くるくる巻いて華やかにしようと思ったのです。いつものようにトリートメントで潤いを与えた後、アイロンのコテで髪を挟み、巻いていきました。細かく束に分けて、ピンで押さえながら何度も繰り返します。そして、左右きっちり巻き終えてみると……。そこには、アニーがいました。
髪の量が多いのに、こまめにくるくる巻いたせいで、まるで、ミュージカル「アニー」の子役がつけるウィッグのような、もっこもこの頭になっていたのです。しかし、時間がなくてそのまま式に出席。案の定、アニー? と友人に呼ばれました……。
それ以来、人前に出るような時でも、髪を巻くことは封印し、少し編み込みをする程度の控えめアレンジにしています。

私にとって、髪のセットで重要なのは、やっぱりボリュームを抑えつつ、まとまりのある仕上がりにすること。普段も、人前に出る場でも、基本はナチュラルに、自分らしいスタイルを楽しみたいなと思っています。

毛量の多い私のヘアセット

私が毎日行っている髪のセットの仕方についてご紹介します。
私は自然なスタイルが好きなのですが、毛量が多いため少し工夫して髪をセットしています。使用するものはストレート・カール両用アイロン、ブラシ、ドライヤーです。手順は下記の通りです。
①髪を内側から外側へ3ブロックに分けます。
②一番内側をストレートアイロンで伸ばします。
③真ん中のブロックはストレートアイロンで伸ばしつつ、毛先を内巻きにします。
④一番外側の髪はカール用アイロンで外巻きと内巻きのミックスにします。(ただし顔周りの毛束は必ず外巻きにします。)
⑤外側のミックス巻きを軽くほぐして、ケープのハードタイプをスプレーします。

前髪も分かれないコツがあります。
①前髪の根元を水で濡らす。
②前髪の癖がついている方向とは反対に向かってドライヤーを当てブラシでとかします。
③その反対方向にも同様にドライヤーを当てて、とかした後、下方向に前髪をとかします。
④カール用アイロンで前髪を一度巻き、ケープで固めます。
⑤固まりすぎているのはおかしいので、一度ブラシを通して完成です。
以上が普段の髪型のセットの手順です。一番外側のみを巻いているのは、私の毛量が多くすべての髪を巻くとマリリンモンローのような迫力になってしまうからです。毛量が多く、自然なカールが好きな方には是非試してみて頂きたいです。
ヘアースプレーについてですが、始めは固まりすぎるのは嫌だと思いケープのソフトタイプを使用していたのですが、癖が強く毛量の多い私の髪は雨が降ると荒れ放題でした。そのため、ハードタイプに変更しました。しかしやはり雨の日は、お団子やポニーテールで過ごすことが多いです。

今までで失敗した髪型は、「くるりんぱ」です。その頃は黒髪でしたので、くるりんぱアレンジもどこか芋臭さが出てしまいました。ああいったアレンジは髪を染められている方のほうが似合うのかと個人的な意見になってしまいますが、思っています。

※ストレスが原因のハゲには、効く育毛剤と効かない育毛剤がある!

気合が入っているときは必ずハーフアップにしています。ハーフアップはちょっとした飾りをつけるだけで華やかに見えますし、とても簡単だと思います。前髪を上げることでより華やかさが増し、耳が出るので大ぶりのイヤリングも映えます。

私が日々、髪のセットで重要視していることは清潔感と自然さです。あまりに手が込んでいて、清潔感が欠けてしまっているのは非常にもったいないと思います。ヘアセットとは離れてしまいますが、セットの前のシャンプーやコンディショナー、トリートメント、ブラッシングにこだわり、髪の艶を大切にしています。

ショートカットの私はこうキメル!

女性の髪形と言えばキレイなロング系。
今ではボブの方をよく見ますね。
しかし、わたしはショートカットが大好きなので気づけばもうショートカット歴は10年ほどです。
と、言ってもショートカットはセットが難しい、アレンジの幅がない、と思う方が多いと思います。
いえいえ、決してそんなことはありません。ショートカットだってたくさん場面によって楽しめるんですよ。今回は場面別に私が普段行っているセット・アレンジ方法をご紹介いたします。
・普段は毛先に動きを出して濡れ髪に
普段はそんなに手の込んだことはしませんがやっぱりぼさぼさでは嫌なので簡単で時短なセットをします。
使用するものは「ストレートアイロン」と「ベビーオイル」のみ。
わたしは髪の毛が細く、かなり直毛なのでまずはストレートアイロンで毛先を内にワンカール、顔周りの毛は外ハネに巻いていきます。
ちなみに前髪はシースルーバングの長さは目の上ぐらいなので、軽く内巻きにするとちょうどマユ下くらいの長さになります。
あとはベビーオイルをワンプッシュ手のひらに出して後頭部の毛先から馴染ませていきます。前髪と頭頂部につけすぎると濡れ髪ではなくベタ髪になってしまうので、オイルをつけるのは毛先中心です。毛先につけ終わった後、最後に残ったもので前髪に軽く、あとはアホ毛を押さえる程度に頭頂部付近になじませ完了です。
カンタンなセットなのに、あまりズボラ感はなくお勧めです。
・特別な時はポンパドールでかっこよく!
結婚式やパーティなどの特別に気合を入れたいときは、大胆に前髪をポンパドールにしてカッコよく決めちゃいます。
用意するものは「ドライヤー」「くし」「NO5(ハードスプレー)」「ギャツビーヘアジャムエッジィニュアンス0」「ベビーオイル」「先にパールのついたピン」
特別版なので普段に比べると少しテクニックがいりますがそんなに難しくありません。
まずはドライヤーで前髪を後ろにくしでとかしながら型をつけます。そしてまえがみのすぐ後ろの髪の毛を逆毛にしてボリュームを出します。あとはヘアジャムを前髪になじませ後ろ向きにバランスをみながら ピンでとめ、ハードスプレーでかためます。これでボリュームのあるポンパドールの完成です。サイド・後ろの髪の毛はベビーオイルを馴染ませ濡れ感を出し完成です。少し長めのショートヘアの方は毛先に少し外ハネを入れえても可愛いと思います。
ボリュームのあるポンパドールとパール付きのピンで特別感がでます。キレイ系のオールインワン、派手色リップとの相性抜群です。
・失敗を経て今がある
こんなに偉そうにセット法を紹介している私ですが何度も失敗してきました。
一番やってしまう失敗は「巻きすぎヘア」です。パーマをかけたようなクルクルふわふわヘアをしたくてカールアイロンの19㎜を使って巻き巻きにしまくったことがあるんですが、お察しの通り研究に失敗した博士ヘアになり、その日は出かけるのを断念したという苦い経験をもっています。
何でもやり過ぎはダメですね。私がセットで大事にしていることは「時短」「頑張りすぎない」ことです。簡単だけどきちんとして見えるセット法を今でも日々研究です。
髪型がキマルると気分も上がりますよね。
皆さんも自分に似合うセットをしてルンルン気分でお出かけしましょう。